小児科の看護師求人に強い転職サイトは?

小児科の看護師求人に気をつけて! - 転職する前にまず読んで欲しい事まとめ

看護師の求人選びは恋愛と一緒?

「小児科の看護師求人ってどんなことに注意して選べば良いの?」「小児科で働きたいけど、求人選びに失敗したくない!」と悩んでいる人はいませんか?

また、「とにかく小児科に転職したい!何でも良いから求人を紹介して!」と盛り上がっている人、いませんか?

小児科の看護師求人選びには、気をつけたほうが良いですよ…!小児科の求人と言っても色々ですし、理想と現実が違う部分も多くあります。

小児科の求人探しの前に、まず当サイトでしっかり予習していきましょう!

小児科の看護師求人を選ぶ注意点は【どんな施設か】です

小児科の看護師求人を選ぶ注意点は、どんな施設の求人なのかです。小児科といっても、色々な施設があります。

小児科の中でもどの施設で働くかによって、仕事内容や勤務形態などが大きく異なります。どの施設の小児科の求人を選ぶか、それぞれの特徴を見て決めましょう。

小児専門病院

小児専門病院

小児専門病院は、小児科専門の総合病院です。小児科専門の高度な治療を行っています。

小児専門病院は数は多くなく、全国から小児がんや難病の子どもが集まってきます。

看護師はどの診療科に配属になっても、小児看護を実践でき、小児看護を深めていくことができます。

病棟の場合は、重篤で長期入院が多いことが特徴です。

また、小児の3次救急(救命救急センター)があったり、PICUがある病院もありますから、小児の集中治療を専門にすることもできます。

外来は定期的にフォローアップする必要があるような小児がんや難病、慢性疾患の患者が多く、完全予約制のことも珍しくありません。

総合病院の小児科

総合病院の小児科

総合病院の小児科は、小児専門病院ほど専門性は高くないものの、重症の子どもが入院していることも珍しくありません。

小児科に配属されないリスクもありますが、もし小児科が合わなくてもほかの診療科に異動できるメリットがあります。

総合病院の小児科病棟は、内科・外科問わずいろいろな疾患の子どもが入院しています。

でも、小児専門病院と比べると、重症度は低めなので、比較的元気になって退院していく子が多いです。

外来は小児科の一般外来やアレルギー外来などの特殊外来以外に、乳幼児健診やワクチン接種を行っているところがあります。

小児科クリニック

小児科クリニック

小児科クリニックは軽症の子どもたちが受診します。軽症なので、治療の専門性は高くありません。

でも、日常生活内に密着した医療を提供できます。また、日勤のみで働けることがメリットになります。

小児科の看護師求人を選ぶ注意点は【採血や点滴をするかどうか】です

小児科の看護師求人を選ぶ注意点は【採血や点滴をするかどうか】です

小児科の看護師求人を選ぶ時の注意点の2つ目は、採血や点滴をするかどうかです。

小児科での採血や点滴は高いスキルが必要です。成人と違って、子どもの血管はとても細く、見えにくいです。

成人の採血や点滴が得意な看護師さんでも、小児の採血や点滴に苦労することはよくあります。

また、小児は採血や点滴で泣き叫んだり、逃げ回ったりすることもありますので、ラインを確保するのも一苦労です。

小児科によって看護師が採血や点滴をするところもありますが、基本は医師が行うところもあります。

医師が行うところだと、苦労や面倒、ストレスが少ないというメリットがあります。

でも、自分で行うところは大変な分、高いスキルを身につけられることがメリットです。

どちらが良いか、あなたの価値観次第です。小児科の求人を選ぶ時には、必ず採血や点滴は看護師が行うのかどうかを確認しなければいけません。

小児科の看護師求人を選ぶ注意点は【残業時間】です

小児科の看護師求人を選ぶ注意点は【残業時間】です

小児科の看護師求人を選ぶ注意点の3つ目は残業時間です。小児科はほかの診療科に比べて、残業が多めです。

なぜなら、子ども相手の仕事は看護師のペースで進まないからです。子どものペースで進めなければいけないので、残業をしなくてはいけないことが多いのです。

小児科で働きたいと思っていても、あまりにも残業が多いと、仕事へのモチベーションを保つことはできません。

「小児科を選んで失敗した!」と後悔する可能性があります。

あまりに多い残業に「小児科を選んで失敗した!」と後悔する可能性があります。

そうならないためにも、小児科の看護師求人を選ぶ時には、月平均の残業時間を確認するようにしましょう。

小児科の看護師求人を選ぶ注意点は【教育制度】です

小児科の看護師求人を選ぶ注意点は【教育制度】です。

小児科の看護師求人を選ぶ時の注意点、最後は教育制度です。これは、特に小児科未経験の看護師さんが求人を選ぶ時には重要な注意点になります。

小児科の仕事内容は、専門性が高いです。成人の診療科での看護師経験が全く活かせないというわけではありません。活かせることもたくさんあります。

それでも、小児科未経験だと学ばなければいけないことがたくさんあります。効率よく小児科の知識や技術を学ぶためには、院内・部署内の教育制度が必要です。

1人で自主的に勉強することも不可能ではありません。でも、1人で未経験者が勉強すると、間違ったことを覚えてしまうなどのリスクあります。

そうならないように、小児科未経験者が小児科の求人を選ぶ時には、教育制度を重視して、丁寧に指導してくれるところを選びましょう。

まとめ

理想の小児科で働くためには、転職サイトを使うことが最も確実で一番の近道です。

小児科の看護師求人を選ぶ時の4つの注意点をまとめました。小児科の看護師求人と言っても、いろいろな種類があります。

4つの注意点を守って求人を選べば、あなたの理想の小児科の職場で働くことができるはずです。

小児科で働いてみたい、小児科の看護師求人を探したいと思ったあなたは、転職サイトに登録してみませんか?

転職サイトでは全国的にも数が少ない小児専門病院の求人を扱っています。また、配属交渉をしてくれるので、小児専門病院の中でも希望の診療科に配属になります。

総合病院の小児科で働きたい時も、担当コンサルタントの交渉が役に立ちます。

理想の小児科で働くためには、転職サイトを使うことが最も確実で一番の近道なんです。

転職サイトランキングを見る