小児科の看護師求人に強い転職サイトは?

小児科 看護師の役割ってなんだろう?と思ったら読んでみてください!

小児科 看護師の役割って…あんなことも!?こんなことも!?

「小児科看護師って子どもをケアするだけ?」「子ども相手だけなら成人の経験活かせないからちょっと…」それだけではないんです!

小児科 看護師に少し興味ある方、子どもが好きだから働いてみたいけど向いてるのかな、

小児科って人気だけど詳しい役割とかいまいちわからないとお考えの方。

小児科 看護師の役割・魅力をお話ししますね!皆さんの今後に参考になればとおもいます。

小児科 看護師の役割は医師に対しては、基本的に医師の補助

小児科 看護師の役割は医師に対しては、基本的に医師の補助

これはどこも一緒ですね。医師は子どもや親・家族に説明をされます。親・家族の理解度はもちろんのことですが、小児科看護師はここで子どもにも分かりやすく説明をします。子どもがわかりやすい言葉を用いて説明する必要があります。

また、小児科の外来看護師なら診察の介助に入ります。年齢の小さな子どもはジーッとして診察は受けれないことがほとんどです。

そのときに子どもや親・家族に声をかけて、医師がスムーズに診察しやすいように、子どもが不安なく診察できるように介助します。

そして、特に子どもは状態が急変しやすいです。医師との密な連携は不可欠です。医師にとっても看護師の情報は重要なものになってきます。医師とのコミュニケーションも大切な看護師の役割となってきます。

ちょっとした私事ですが、医師は看護師にとって怖いとイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

でも、小児科の医師はやはり子どもと関わるだけあって、看護師に対しても優しい方が多い気がします。

小児科 看護師の役割は患者に対しては、不安を軽減して自信を持たせること

小児科 看護師の役割は患者に対しては、不安を軽減して自信を持たせること

子どもは発達段階にもよりますが疾患や治療への理解力がありません。そのため、検査や治療が不安で侵襲を伴うものは恐怖でしかありません。

そんなときに、上手くなだめて、子どもの不安を少しでも軽減し、検査や治療を頑張れるようにもっていくのが小児科看護師の役割です。

例えば、かわいいキャラクターのエプロンや文具・おもちゃを使って気を引いたり、お話を聴いてどうしたら頑張れるかを一緒に考えたりします。

それで終わりではなく、検査や治療を頑張った子どもへ乗り越えれたことや頑張ったことを沢山ほめます。親・家族の方にも沢山ほめてもらうように声をかけます。

そうして子どもは頑張れたことが自信へ繋がっていきます。些細なことかもしれませんが、子どもの視点にたって考えることを大切に日々看護を行っています。

小児科 看護師の役割は患者の親に対しては、共感者・情報提供者であること

小児科 看護師の役割は患者の親に対しては、共感者・情報提供者であること

患者=子どもだけではありません。その子どもの保護者(親・家族)との関わりもとても重要です。ですから、子どもだけを診ればいいというわけではありません。

子どもが病気になり不安にならない親・家族はきっといないと思います。その思いを共感者となって聴くことが必要です。

また、治療の意思決定を行うための情報提供、慢性的な疾患の場合は社会的サポートの情報提供をすることも必要です。

小児科 看護師の役割は理学療法士に対しては、同じ目標を持つ情報共有者

小児科 看護師の役割は理学療法士に対しては、同じ目標を持つ情報共有者

看護師は療養上のお世話で理学療法士はリハビリの専門家です。看護師も理学療法士も目標は「子どもの社会復帰や失われた機能を取り戻したり機能低下の防止」です。

そのためには、子どもの状態を常に情報交換をしなければいけません。子どもが今どんな状態であるかを情報共有することで、その子どもにとって良いリハビリや療養生活・看護ができるのではないでしょうか。

そして、看護師の私たちでもリハビリの専門家である理学療法士の方から指導を受けることもあります。そうして、よりよい看護ができていくと思います。

小児科 看護師の役割は病棟保育士に対しては、役割分担をする協力者

小児科 看護師の役割は病棟保育士に対しては、役割分担をする協力者

総合病院を中心に病棟保育士が増えてきています。保育士は子どもの専門家です。

子どもにとって遊ぶことはストレス発散です。色んな検査や治療、入院による生活の変化、もう病院はストレスだらけです。

そんな中でも子どもの状態に合わせた遊びを提供してくれるのが病棟保育士です。看護師は侵襲を伴う処置や検査を行うので、子どもに距離を置かれることがしばしばあります

そんなときに看護師が近づいても子どもにとっては、恐怖やストレスでしかありません。

それでも、今この子どもにとってストレス軽減や気分転換が必要で介入しなければならないときには、病棟保育士が介入することで子どもにとっては安心して遊べます。

子どもが安楽に過ごすためにも、看護師と病棟保育士が協力していくことが必要です。

小児科 看護師の役割は同僚看護師に対しては、切磋琢磨する仲間

小児科 看護師の役割は同僚看護師に対しては、切磋琢磨する仲間

先輩・同期・後輩看護師から学ぶことは沢山あります。

成人では採血は一人の看護師が一対一で行うことがほとんどだと思いますが、小児科看護師は採血一つを行うにしても、年齢の小さい子どもは暴れる危険性があるため、看護師2~3人で行うことは多々あります。

それに、お互い辛いときもあります。励ましたり励まされたり、教えたり教えられたり、切磋琢磨する仲間であり必要不可欠な存在です。

まとめ

看護師転職サイトはトイレの中でだってらくらく登録できます♪

小児科看護師の医療従事者や患者に対する役割を理解いただけたでしょうか?

小児科は特徴的な科でありますが、それぞれとの役割が深くそれぞれとの関わりの中で学ぶことは沢山あります

小児科看護師は子どもが好きという方がほとんどなので、同じ共通点があることで働きやすさもあると思います。

小児科看護師に少しでも興味がありこの記事を読まれた方、小児科看護師やってみてもいいかも!と思ったなら、転職サイトに登録してみませんか?

転職と言えばハローワークか求人誌だけと思っていませんか?

今お使いのスマートフォンやパソコンから登録できます。まずは登録して自分の希望する条件を入力してみてください。転職サイト担当の方が、色々と情報を教えてくれます。

今働いている方でも、空いた時間に手軽に簡単に転職活動ができるので、転職サイトに興味のある方は登録してみてください。

一人で大変な思いをしながらの転職・就職活動をするよりは、いい職場に出会えるよう協力してくれる人がいるというのは頼もしいですよ。

転職サイトランキングを見る