小児科の看護師求人に強い転職サイトは?

小児科看護師の向き不向きは?向いてない人、向いている人を教えます!

小児科看護師の向き不向きは?向いてない人、向いている人を教えます!

小児科の看護師は向き不向きがはっきり分かれます。小児科に向いてない人が小児科で働くと悲劇です。

向いている人が働けば、楽しくやりがいを持って働けます。小児科の看護師の向き不向きを説明します。

小児科の看護師の向き不向き。向いてない人は子ども嫌いの人

小児科の看護師の向き不向き。向いてない人は子ども嫌いの人

小児科看護師の向き不向き。まずは向いてない人を説明します。

小児科に向いてない看護師は、子どもが嫌いな人です。子どもが嫌いでなくても、ちょっと苦手という人も向いてません。

これは、説明するまでもありませんよね。小児科は患者全員が子どもです。子どもと接して働かなくてはいけません。

子どもが治療を怖がらないように、おもちゃやキャラクターの文房具などを使って気をひいたりします。

点滴のテープに絵を描くなどの工夫をしたり、子どもが好きな歌を歌って、泣く子供をなだめたりもします。

こういうことは、子どもが嫌いな人、子どもが苦手な人にはできないことです。

だから、小児科の看護師は子どもが嫌いな人、苦手な人には向いていません。

小児科に向いてない人の条件は、これだけです。子どもが嫌い・苦手でなければ、どんな看護師さんでも小児科で働くことができます。

小児科の看護師の向き不向き=向いているのは、子ども好きな人

小児科の看護師の向き不向き=向いているのは、子ども好きな人

小児科の看護師の向き不向き、次は向いている人です。小児科に向いている看護師は、子ども好きな人です。

これは、基本中の基本です。子ども好きな人は、子どもと接するのが上手です。どうやったら、子どもの気を引けるのか、子どもが喜ぶのかを感覚的に知っています。

子どもは鋭いので、子どもが好きな人にはなつきますし、笑顔を見せてくれます。だから、子どもが好きな看護師は仕事をスムーズに進めやすいのです。

子ども好きな人は、子どもの立場に立って考えるのも得意です。忙しく働いていると、つい大人の都合、看護師の都合を優先させがちです。

でも、子どもが好きな人は、常に子供の立場に立って考えることができますから、より良い看護ができるのです。

小児科看護師の向き不向き=向いているのは、高い看護スキルを身につけたい人

小児科の看護師の向き不向き=向いているのは、高い看護スキルを身につけたい人

小児科看護師の向き不向き、向いている人の2つ目のタイプは高い看護スキルを身につけたい人です。

小児科で働いていると、高い看護スキルを身につけることができます。小児科は患者がみんな子どもです。

乳幼児は体が小さく、痛みを我慢してくれません。そのため、採血や吸引、点滴、注射、創処置などの医療行為は、とても難しいんです。

スピードも正確性も求められます。採血は患者にじっと見ていられると緊張しますよね。

小児科の場合、子どもの視線だけでなく保護者の鋭い視線も感じます。保護者の視線は、すごいプレッシャーです。

そのプレッシャーに打ち勝って、素早く正確に医療行為を行うので、小児科で働くと高い看護スキルを身につけられるんです。

小児科で働けば、成人の診療科に転職した時に、「なんて楽なんだろう!」と感じると思います。

看護師の向き不向き=向いているのは、専門性を持ちたい人

小児科の看護師の向き不向き=向いているのは、専門性を持ちたい人

小児科看護師の向き不向き、向いているタイプの3つ目は、専門性を持ちたい人です。これからは看護師も自分の専門分野を持つべき時代です。

その証拠に認定看護師や専門看護師はどんどん増えています。また、特定行為の研修を受ける人もドンドン増えています。

看護師も「私はこれができます!」と自信をもって胸を張って言えるものを持つべきです。

小児科は専門性が高い分野です。成人の診療科では脳外科を希望しても、循環器内科など違う診療科へ配属されることがよくあります。

でも、小児科の経験を積んでおけば、あなたが小児科を希望する限り、成人の診療科へ配属されるようなことはないと思います。

小児救急看護認定看護師や小児看護専門看護師などキャリアアップの道も開けています。

自分の専門性を持ちたい看護師は、小児科が向いていると思います。

小児科看護師の向き不向き=向いているのは、子育て経験を活かしたい人

小児科の看護師の向き不向き=向いているのは、子育て経験を活かしたい人

小児科看護師の向き不向き、小児科に向いているのは子育て経験を活かしながら働きたい人です。

小児科ではあなたの子育て経験を活かしながら働けます。いくら子どもが好きでも、独身で子育て経験がない看護師にはわからないこともあります。

子育て経験があると、子どものあやし方も上手です。自分の経験を活かして、保護者にアドバイスをすることもできます。

子育て経験がある看護師は、小児科で働くと、看護師としての視点に加えて、自分の子育ての経験を活かすことができるので、より良い看護ができますし、やりがいを感じることもできます。

まとめ

転職サイトに登録すると、担当のコンサルタントがあなたの転職のお手伝いをしてくれます。

小児科の看護師の向き不向きをまとめました。小児科では子どもが嫌い・苦手という人以外なら、だれでも働くことができます。

特に、子どもが好きで高いスキルを身につけたい人、専門性を持ちたい人、子育て経験を活かしたい人は、小児科に向いていると思います。

小児科に転職したい人は、転職サイトに登録して求人を探しませんか?転職サイトに登録すると、小児科の求人を簡単に検索することができます。でも、それだけではありません。

転職サイトに登録すると、担当のコンサルタントがあなたの転職のお手伝いをしてくれます。あなたの希望を聞いて、希望条件を満たすような小児科の求人を探してくれます。

また、志望動機を一緒に考えてくれたり、面接対策のアドバイスもしてくれますので、憧れの小児科看護師になることができるんですよ!

転職サイトランキングを見る