小児科の看護師求人に強い転職サイトは?

小児科の看護師のデメリットや大変なこと3つを説明します!

小児科の看護師のデメリットや大変なこと3つを説明します!

小児科の看護師のデメリットは、転職する上で知っておかなければいけません。小児科には大変なことがたくさんあります。

デメリットを知らずに小児科へ転職したら、必ず後悔すると思います。小児科看護師のデメリット3つとデメリットの軽減方法を説明します。

小児科の看護師のデメリットは、【苦しむ子どもを見るのが辛い】こと

小児科の看護師のデメリットは、苦しむ子どもを見るのが辛いこと

小児科の看護師のデメリットは、苦しむ子どもを見るのが辛いことです。小児科に転職すると、子どもと接しながら働けるメリットがあります。このメリットは、子ども好きな看護師さんにとって、とても魅力的なものです。

でも、小児科の子どもはみんな病気やケガで苦しんでいます。いつも笑顔でいるわけではありません。むしろ、泣いたり苦しそうにしている時の方が多いです。

子ども好きな看護師さんは、子どもが好きだからこそ、泣いている子ども、苦しんでいる子どもを見るのが辛くなる時がありますよね。

苦しむ子どもを見るのが辛いデメリットを軽減する方法

規模が大きくない病院の小児科病棟は、元気になる姿や子供の笑顔を見る機会も多いんです。

苦しむ子どもを見るのが辛いと感じる看護師さんは、それほど規模が大きくない病院の小児科病棟を選ぶと良いと思います。

小児専門病院や大病院の小児科は重症の子どもが多いです。当然、みんな苦しんでいます。小児科クリニックは軽症ですが、熱があったり、咳が止まらないなどの状態で来院します。

小児科クリニックでは子どもとの関わる時間が短いので、元気になる様子を見ることができません。

でも、規模が大きくない病院の小児科病棟は、入院が必要な子どもの中では重症度が高くありません。また、入院期間内にメキメキ元気になっていくことが多いです。

そのため、苦しむ姿を見ることにはなりますが、元気になる姿や子供の笑顔を見る機会も多いんです。

子どもと接しながら働きたい、でもやっぱり苦しむ姿は見たくないという人は、「小児科」ではありませんが、保育園はいかがですか?

保育園看護師なら、元気な子どもと接しながら働くことができます。

小児科の看護師のデメリットは、【保護者への対応がストレス】になること

小児科の看護師のデメリットは、保護者への対応がストレスになること

小児科看護師のデメリットは、保護者への対応がストレスになることです。小児科で働く看護師さんは、これが一番大変なことと感じる人もいます。

自分の子どもが病気になったら、誰でもナーバスになります。不安や心配を抱えています。

その不安や心配が、やり場のない怒りへ変換されて、看護師にぶつけてくることがあります。

また、最近は医療ミスに敏感になっています。自分の子どもに万が一医療ミスをされたらと思うと、保護者の目はとても厳しくなります。

採血に失敗しただけで、激しいクレームを言ってくることもあります。ひどい時には、採血前に子供が泣いただけで、「看護師を変えろ!」と言ってくることもあるんです。

保護者から理不尽なクレームを受けて、毎日保護者からの視線を気にしていたら、精神的に疲れてしまいます。

保護者への対応がストレスというデメリットを軽減する方法

あなたの代わりに保護者の対応をしてくれる師長がいる小児科を選びましょう。

保護者への対応がストレスというデメリットを軽減するためには、クレームへの対応マニュアルが整っていて、師長が頼りになる小児科を選んでください。

マニュアルがあれば、保護者からクレームを言われても、その通りに対応すれば良いんです。クレーム対応は大変ですが、それでも精神的なストレスは軽減できます。

師長が頼りになるかどうかも大切です。いざという時、師長が守ってくれるかどうかは、小児科で働く上で重要ですよね。

保護者から文句を言われて、師長が知らんぷりしている小児科。師長が前に出て、あなたの代わりに対応してくれる小児科。どちらがストレスが少ないですか?

もちろん、あなたの代わりに対応してくれる師長がいる小児科です。保護者への対応が苦手な人は、クレーム対応マニュアルと師長の人柄は確認しておいた方が良いでしょう。

小児科の看護師のデメリットは、【業務量が多い】こと

小児科の看護師のデメリットは、業務量が多いこと

小児科の看護師のデメリットの3つ目は、業務量が多いことです。小児科だけでなく、看護師の業務量はとても多いですよね。でも、小児科は特に多いんです。

小児科は看護師のペースで仕事を進められません。成人は痛いことを我慢してくれます。また、検査等も説明すれば、スムーズに受けてくれます。

でも、子どもはそれがありません。泣き叫んで暴れることがあります。逃げ回ることもあります。検査を嫌がって、結局できなかったということもあるんです。

そのため、思うように業務が進まず、雑用が増えてしまいます。

小児科の看護師の仕事は看護業務だけではありません。保育業務もあります。総合病院の小児科では、病棟保育士を配置しているところが増えています。

でも、保育士だけで保育業務をするわけではありません。看護師も保育業務をします。

小児科の看護師の仕事は、看護業務+保育業務になるので、大変なんです。

仕事が思うように進まず、雑用が増える。看護業務に加え、保育業務もある。そのため、小児科ではほかの診療科に比べて、残業が多い傾向にあります。

業務量が多いデメリットを軽減する方法

業務量が多いデメリットを軽減するためには、月平均の残業時間を調べましょう。

業務量が多いデメリットを軽減するためには、月平均の残業時間を調べましょう。残業時間が少なければ、業務量は適正であると言えます。

残業時間の目安は、月20時間以下。できれば10時間以下のところを探しましょう。

保護者の付き添いは何歳までか、保育士の配置人数はどのくらいかも調べてください。

また、保護者の付き添いは何歳までか、保育士の配置人数はどのくらいかも調べてください。

小児科では入院中の子どもに保護者が24時間体制で付き添うようになります。でも、何歳までの子どもに付き添いが必要かは、病院によって異なります。

保護者が付き添ってくれたら、看護師の保育業務の負担は減ります。病棟保育士の配置人数も同じです。

患者の人数に対して、病棟保育士の数が多ければ、看護師の負担は減ります。

まとめ

デメリットを気にせずに小児科で働くためには、転職サイトを使って小児科を探すのが一番確実な方法なんです!

小児科の看護師のデメリットと軽減方法をまとめました。小児科の看護師はいろいろデメリットや大変なことはあります。でも、それを軽減しながら小児科で働くことができます。

デメリットを減らしながら、小児科で働きたい人は、転職サイトに登録してみませんか?転職サイトは、小児科の求人を簡単に検索して、希望に合ったものを探すことができます。

しかも、専属のコンサルタントがついてくれて、あなたの転職をバックアップしてくれます。

コンサルタントは、入院期間が短くて、みんな元気になって退院する割合が多い小児科病棟。クレームマニュアルがあって、師長が頼りになる小児科。残業時間が少なくて、未就学児は絶対に付き添いが必要で、病棟保育士の配置人数が多い小児科を、探してくれます。

デメリットを気にせずに小児科で働くためには、転職サイトを使って小児科を探すのが一番確実な方法なんです!

転職サイトランキングを見る