小児科の看護師求人に強い転職サイトは?

小児科の看護師の志望動機は、どんな風に書けばいいの?

小児科の看護師の志望動機は、どんな風に書けばいいの?

小児科看護師の求人募集は成人の一般の科に比べたら少ないです。 それは少子高齢化の影響もあります。

それでも小規模なクリックから総合病院や大学病院まで、小児科看護師を希望する方は多いです。

志望動機って難しいですよね。ポイントを押さえつつ、例文もご紹介します。

小児科の看護師の志望動機=子どもが好きにプラスαが大切

志望動機はダラダラ書かないこと!

小児科看護師を目指す理由に「子どもが好き」という方がほとんどではないでしょうか?

「小児科看護師になりたい=子どもが好き」は、一番大切なことですが、志望動機にこれだけを書いても、皆と同じになってしまいます。看護でいう“個別性”がないということになってしまいます…。

小児科は病気で身体面も精神面もしんどい状態の子どもが受診しにきます。漠然と思っている小児科看護師の理想と現実のギャップがあるかもしれません。子どもは侵襲を伴う処置をする看護師のことを嫌うことがあります。

それに小児科は子どもだけと関わればいいという訳ではありません。その子どものキーパーソンである親や家族との関わりもあります。最近では耳にする機会が増えたと思います。モンスターペアレンツの親・家族もいます。子を思う気持ちはそれぞれですが、なかなか対応が難しい場合もあります。

そのような現実を踏まえて、子どもが好きということにプラスして欲しいのが、「この病院(クリニック)を選んだ理由」、「どういう看護がしたいか・どういう看護ができるか」、「今までの経験をどう活かしていきたいか」を具体的に考えまとめておくといいでしょう。

小児科の看護師の志望動機=スキルアップ

看護師は“一生勉強”と言われるくらい勉強は大切です。

医療・看護の世界は日進月歩で、看護師は“一生勉強”と言われるくらい勉強は大切です。スキルアップは学ぶ姿勢だと思います。それはとても大切なことだと思っています。

看護師として成人病棟でのスキルがある方でも、小児科は少し違った技術や知識が必要となってきます。小児科は新生児から学童・思春期の幅広さ、発達段階によって正常値が違ったりします。また、疾患も幅広く内科・外科だけでなく全てを診ます。

それに、成人なら薬を渡して内服確認や内服の介助があると思いますが、子どもは苦い薬が嫌いです。親・家族でも薬を飲ますことが難しい場合がけっこうあります。そのようなときは親・家族と協力して内服介助をします。

そして、注射は特に技術が必要です。子どもの血管は細い上に、乳幼児は血管が見えにくい場合が多いです。子どもにとって注射は恐怖でしかありません。怖くて嫌がり暴れたりします。そのような中で注射の技術はもちろんのことで、声かけも大切になってきます。

小児科には特有のことがたくさんあるため、学ぶ意識が高いということは重要になってきます。でも、ただ「学びたいから~」だけでは受け身と捉える方も面接官の中にはいます。

「なぜスキルアップをしたいのか?」、「今までの経験はどうだったか」も考え、志望動機の内容に含めていきましょう。

専門・認定看護師を目指したいと考えている方は、今何に取り組んでいるのか聞かれることもありますので、答えを準備しておくといいでしょう。あと、専門・認定看護師の支援を行っている病院かどうかは調べておく必要があるので忘れないようにしましょう。

小児科の看護師の志望動機の簡単な例文

小児科の看護師の志望動機の簡単な例文・・・でも丸暗記はNGですよ!

「私は今まで脳神経外科と小児科の混合病棟で○年間勤務しました。混合病棟だったため、小児科の重篤な患者様は他院に転院していました。貴院のような小児の高度医療を行っているところで、もっと知識と技術を追求したいと思い志望しました。今後は小児がん看護の認定看護師になり、がんで苦しむ子ども達によりよい看護を行い、認定看護師として医療従事者の役にも立ちたいと思っております。貴院なら実現ができると思い志望いたしました。」

「私は今まで泌尿器科の病棟で○年、泌尿器科クリニックで○年間働いてきました。復職にあたり以前から興味のあった小児科で学びたいと考えるようになりました。子どもを出産してから貴院の小児科外来で何度かお世話になりました。貴院は子どもが安楽に安心して過ごせるように取り組んでいることが分かり、とても魅力を感じました。小児科は未経験ではありますが、今までの看護を活かしつつ小児科看護師として学び成長していきたいと思っています。また、院内に保育所があることや小学生になっても時短勤務が可能であるため子育てと両立しながら長く勤務できると思ったため、志望しました。」

まとめ

転職コンサルトは様々な情報を持っていて、あなたのよりよい転職を応援する力強いサポーターです!是非頼ってください!

小児科看護師としての志望動機は一般の成人病棟と基本的なことは同じです。

小児科には小児科特有のことが沢山あることを知っていただき、それでも小児科看護師になりたい!と思う気持ちがあれば、それを文にして伝えてみてください。その思いはこれからの原動力にもなりますし、面接官にもきっと伝わります。

自分の思いがいまいち分かりにくいという方は、次のことを考えてみてください。「なぜ小児科看護師になりたいのか?」は、転職の動機になります。「小児科看護師になったら、どんな看護をしたい?」は、仕事へのイメージが的確にできているかになります。「小児科看護師として働けてたら、将来的にはどうなりたい?」は、自分の目標になります。考えていくうちに、自分の気持ちに気付けたでしょうか。

自分の気持ちに気付けたならその思いを大切にしてくださいね。転職を考えて踏みとどまっていませんか?一般の求人で探す時間がないからという理由で妥協していませんか?一緒に転職を成功させようと共に頑張ってくれる、転職サイトがあります。転職コンサルトをご存じでしょうか?

転職は一人で頑張る時代ではありません。転職が初めての方も数回してきたことがある方でも大丈夫です。自分一人だけの情報収集や、希望する条件を探しだすのは大変です。でも、志望動機にマッチした部分がより多い転職先を探してもらうことができます。

初めての方や聞き慣れない方にとっては、不安だと思いますが、一度登録してみてください。今まで一人でしてきたことは何だったの!?と思います。

転職コンサルトは様々な情報を持っていて、あなたのよりよい転職を応援する力強いサポーターです。

転職サイトランキングを見る