小児科の看護師求人に強い転職サイトは?

小児科の看護師の給料って高いの?どうなの?

小児科の看護師の給料って高いの?どうなの?

「小児科の看護師の給料はどのくらいなの?ほかの診療科と比べて高いの?」、「小児科で給料をアップしたい時にはどうすれば良いの?」

このような疑問を持っていませんか?

小児科に転職するなら、小児科の看護師の給料はいくら位なのか、給料アップの方法はあるのかを知っておくことが大切です!

小児科の看護師の給料ってどのくらい?ほかの診療科よりも高いの?

小児科の看護師の給料ってどのくらい?ほかの診療科よりも高いの?

小児科の看護師の給料はどのくらいなのでしょうか。ほかの診療科に比べて、高いのでしょうか?

小児科は専門性が高い職場だから、ほかの診療科よりも給料が高いはずと思っている人もいるかもしれません。

でも、小児科だからといって、給料が高いわけではありません。ほかの診療科と同じです。小児科だから、基本給が高いわけではないんです。特別手当もつきません。

そのため、小児科に転職したからといって、給料が上がるわけではないのです。

具体的な給料は、地域や職場の規模、経験年数によって異なります。

都市部の大規模な病院病棟なら、経験年数5年目で年収500万円前後、大規模病院の外来なら年収400~450万円、クリニックなら350~400万円が目安になります。

地方の病院ならもう少し下がりますし、病院の規模が小さいと病棟や外来の給料は、もう少し下がるでしょう。

小児科の看護師が給料アップを狙うなら、どんな小児科で働くと良いの?

小児科の看護師が給料アップを狙うなら、どんな小児科で働くと良いの?

小児科の看護師の給料は、特別に高いわけではありません。でも、せっかく転職するなら、給料は高い方が良いと誰でも思うはずです。

小児科の看護師が給料をアップさせるには、どんな小児科を選べば良いのかを説明します。

夜勤ありの常勤で働くこと

夜勤ありの常勤で働くこと

小児科の看護師が給料アップを狙うなら、夜勤ありの常勤で働きましょう。

夜勤をすれば、夜勤手当が付きます。常勤なら、扶養手当や住宅手当などの各種手当とボーナスが出ます。

そのため、小児科で看護師が働くなら、常勤の小児科病棟の求人を探すと、給料が高くなるはずです。

年収500~599万円を稼いでいる看護師は、医療施設の病棟が80.5%、医療施設の外来が15%、医療施設以外が4.5%となっています。

年収600万円以上は、医療施設の病棟が70.8%、医療施設の外来が25%、医療施設以外が4.2%です。

小児科に転職して給料アップを狙うなら、クリニックや外来ではなく、小児科病棟が最も確実だと思います。

できるだけ規模の大きな病院で働くこと

できるだけ規模の大きな病院で働くこと

小児科に転職して給料をアップさせるには、できるだけ規模の大きな病院の小児科を選んでください。

病院の規模が大きくなればなるほど、看護師の給料は上がります。

<年収600万円以上の勤務先の床数>

・無床=6.8%

・19床以下=4.5%

・100床以下=11.4%

・101~300床=18.2%

・301~500床=22.7%

・501床以上=36.4%

これを考えると、できるだけ大きな病院の小児科を選ぶと、給料が高くなる可能性が上がります。

まとめると総合病院の小児科病棟で常勤が良い!

総合病院の小児科病棟で常勤が良い!

小児科に転職して給料アップを狙う方法を考えてきました。小児科病棟の常勤で働く。そして、できるだけ規模の大きな病院で働く。この2つが大切です。

小児科病棟には、総合病院の小児科病棟と小児専門病院の小児科病棟の2種類があります。

この2つでおすすめは、総合病院の小児科病棟です。小児専門病院は、実はあまり規模が大きくないんです。200床前後のところが多いです。

500床以上の病院の小児科で働くなら、小児専門病院ではなく、総合病院の小児科を探したほうが簡単です。

できるだけ給料の高い小児科で働くなら、規模の大きな総合病院の小児科病棟が良いと思います。

小児科の看護師が給料アップのためにするべきことは何?

小児科の看護師が給料アップのためにするべきことは何?

小児科の看護師が給料アップのためにすべきことは、規模の大きな総合病院の小児科で働くことが大切です。

でも、それだけではありません。「規模の大きな総合病院の小児科で働く」、これは転職時にすべきことです。

転職後にも給料アップのためにすべきことがあります。それは、スキルアップ・キャリアアップをすることです。

スキルアップ・キャリアアップをすると、直接は給料アップにつながらないこともあります。でも、得たスキルを仕事で活かしていけば、昇進のチャンスが巡ってきます。

昇進すれば、役職手当が付きますので、給料がアップするんです。

<小児科看護師のおすすめ資格>

・PEASプロバイダーコース

・PALSプロバイダーコース

・小児アレルギーエデュケーター

・思春期保健相談士

・小児救急看護認定看護師

・小児看護専門看護師

これらの資格を取得して、仕事で役立てると給料アップにつながります。

まとめ

転職サイトのサポートは、あなたの小児科で働きたいという気持ちと給料アップしたいという気持ちを応援してくれる存在です。

小児科看護師の給料についてまとめました。小児科の看護師の給料は、ほかの診療科と変わりません。小児科へ転職しても、簡単に給料アップはできません。

でも、総合病院の小児科病棟で常勤として働けば、給料アップできます。さらに、スキルアップ・キャリアアップすれば、給料アップのチャンスが巡ってきます。

できるだけ給料が高い総合病院の小児科病棟で働きたいと考えているあなたのために、転職サイトの転職サポートがあります。

転職サイトでは、できるだけ給料の高い総合病院の常勤の求人を簡単に検索できます。

また、転職サポートを受ければ、小児科病棟へ配属になるように交渉してもらうことができます。

転職サイトのサポートは、あなたの小児科で働きたいという気持ちと給料アップしたいという気持ちを応援してくれる存在です。

転職サイトランキングを見る