小児科の看護師求人に強い転職サイトは?

小児科看護師へ転職|役割やメリット、デメリット、向いている人、求人選びの注意点

小児科看護師に転職したいと思っていても、なかなか一歩を踏み出せない人はいませんか?

小児科看護師の役割やメリット、デメリット、向いている人、求人選びの注意点をまとめました。

小児科に転職したい看護師さんのための総まとめ記事です。

小児科に看護師が転職するなら、役割を確認しましょう

小児科に看護師が転職するなら、小児科の看護師の役割を確認しましょう。

医師の診療の補助

小児科の看護師の役割は医師の診療の補助です。医師の代わりに、わかりやすい言葉を使って説明をしたり、医師が診察しやすいように介助します。

医師に情報提供をするのも、小児科の看護師の重要な役割です。

子どもの不安を軽減する

治療は子どもにとって、辛く不安なものです。その不安を少しでも軽減するのが小児科の看護師の役割です。

子どもの視点に立って考えて、子どもへの看護を行うことが大切です。

保護者への情報提供・家族ケア

小児科の看護師は家族へ情報提供を行うこと、精神的なフォローをすることも重要な役割です。

保護者の思い・考えを傾聴すること、治療の意思決定への支援等を行うなどをして、家族看護を行います。

保育業務

病棟には病棟保育士を置く病院が増えています。でも、看護師も保育業務を行います。

病棟保育士と協力して、子どもたちの日常のお世話をして、子どもたちが安楽にストレスなく過ごせるようにします。

小児科の看護師の役割をもっと詳しく知りたいなら、「小児科 看護師の役割ってなんだろう?と思ったら読んでみてください!(リンク)」をおすすめします。

小児科に看護師が転職するなら、メリットを知りましょう

小児科に看護師が転職するメリットを説明します。小児科に転職すると、4つのメリットがあります。

高い看護技術を身につけられる

小児科に看護師が転職するメリットの1つ目は、高い看護技術を身につけられることです。子どもは成人に比べてすべてが小さいです。

また、成人のように我慢してくれません。吸引、採血、点滴、創処置等を、小さい子どもに対して確実に素早く医療行為を行わなくてはいけないのです。

小児科に転職すると、最初は苦労すると思います。でも、いつの間にか高い看護技術を身につけられます。

そして、身につけた看護技術は小児科だけでなく、成人の診療科でも活かすことができます。

幅広い知識を身につけられる

小児科に転職すれば、幅広い知識を身につけられます。小児専門病院でない限り、小児科は内科・外科に分かれていません。

子どもの疾患すべてを扱います。そのため、小児科で働くと、内科・外科関係なく、幅広い疾患の知識、看護知識を身につけることができます。

子供と接しながら働くことができる

小児科に転職すると、子どもと接しながら働けます。子どもが好きな看護師にとっては、小児科は楽園・天国のような場所です。

子どもの笑顔に癒されながら働くことができます。

観察力が磨かれる

小児科に転職するメリット4つ目は、観察力が磨かれることです。子どもは大人のように自分の症状を話せません。だから、看護師が観察して読み取る必要があります。

そのため、小児科では観察力が磨かれるのです。

小児科の看護師のメリットをもっと詳しく知りたい人は、「小児科の看護師のメリットは何?4つの魅力を紹介します!(リンク)」を読んでみてください。

小児科に看護師が転職するなら、デメリットを知りましょう

小児科に看護師が転職するデメリットをお話します。

子どもを見るのが辛い

小児科に転職するデメリットは、苦しむ子どもを見るのが辛いことです。小児科の子どもは、病気やケガで苦しんでいます。

苦しむ子供、泣いている子どもを見るのは、子どもが好きな看護師にとっては辛いと思います。

保護者への対応がストレス

小児科に転職すると、保護者への対応にストレスを感じます。自分の子どもが病気になったら、親は誰でもナーバスになります。

そうすると、看護師のケアに敏感に反応して、クレームを入れたり、やりどころのない怒りをぶつけてくることもあります。

業務量が多い

小児科に転職すると、業務量が多いことに驚くかもしれません。通常の看護業務に加えて、保育業務もあります。

看護師のペースで業務を進めることができません。そのため、残業が増えてしまうこともあります。

小児科の看護師のデメリットとその軽減方法は、「小児科の看護師のデメリットや大変なこと3つを説明します!(リンク)」でご紹介しています。

小児科に看護師が転職。向いている人はどんな人?

小児科に看護師が転職するなら、小児科に向いているのはどんな人かを確認しておきましょう。

子どもが好きな人

小児科に向いているのは、子どもが好きな人です。小児科の患者はみんな子どもですから、子ども嫌いの人には務まりません。

高い看護スキルを身につけたい人

小児科に向いている人は、高い看護スキルを身につけたい人です。小児科は採血1つとっても、とても難しいのです。観察力を身につけることもできます。

スキルアップしたい看護師さんは、小児科に向いています。

専門性を身につけたい人

これからは看護師も専門性を身につける時代です。小児科は専門性が高い診療科です。キャリアアップの道も開けています。

看護師としての専門性を身につけたい人は、小児科に向いていると思います。

子育て経験を活かしたい人

子育て経験を活かしたい人も、小児科に向いています。小児科では保育業務も大切な役割です。

子育て経験があると、保育業務のいろはがわかりますので、自分の経験を仕事に活かせるのです。

「小児科看護師の向き不向きは?向いてない人、向いている人を教えます!(リンク)」では小児科に向いている人、向いてない人を詳しく説明しています。

小児科に看護師が転職するなら、求人選びの注意点を確認しましょう

小児科の看護師が転職するなら、求人選びの注意点を確認しましょう。

どんな施設を選ぶのか

小児科の職場には、小児専門病院(病棟・外来)、総合病院の小児科(病棟・外来)、小児科クリニックがあります。

それぞれ、患者の重症度や特徴、勤務形態などが違います。どの施設で働くと良いのかを決めましょう。

点滴や採血をするかどうか

小児科の求人を選ぶ時には、点滴や採血をするかどうかも注意しなくてはいけません。子どもの点滴や採血はとても難しいです。

点滴や採血がなければ、大きなストレスが1つ減ります。でも、頑張って点滴や採血がある職場で働くと、確かなスキルを身につけられるのです。

平均残業時間はどのくらい?

小児科は、ほかの診療科よりも残業が多めです。子どものペースで仕事をしますので、時間通りに終わらないことがあります。

残業が多すぎると、モチベーション低下につながります。1ヶ月にどのくらいの残業をするのかを調べて、求人を選びましょう。

教育制度は充実しているか

小児科へ転職するなら、教育制度は充実しているか調べましょう。小児科未経験の看護師さんは、丁寧に指導しくれるところへ転職しなければいけません。

中途採用者にも丁寧に指導してくれる小児科の求人を選んで下さい。

小児科の求人選びの注意点は「小児科の看護師求人を探したい!というあなたのための情報をまとめました(リンク)」を読むと、もっと詳しくわかると思います。

まとめ

小児科の看護師が転職するなら、知っておくべき情報をまとめました。小児科に転職するなら、転職サイトのサポートを受けましょう。

転職サイトに登録すると、小児科の求人を条件を絞り込みながら検索することができます。

また、専門のコンサルタントのサポートを受けることができます。コンサルタントは、求人を詳しく調べてくれますから、苦労せずに理想にピッタリの小児科に転職できるのです。

転職サイトランキングを見る