小児科の看護師求人に強い転職サイトは?

「うちの病院だけがこんなに残業があるの?」「うちの病院はサービス残業になるんだよね。」

看護師という仕事は肉体的にも精神的にも大変です。

看護師という仕事は肉体的にも精神的にも大変です。だからこそ「ON/OFFの切り替えが大切!」「ライフワークバランス大切だから!」と言われていますし、職場でもよく耳にします。「うちの病院だけがこんなに残業があるの?」や「うちの病院は残業が毎日少しずつあるけど、サービス残業になるんだよね。」などなど、実際はどうなの!?と感じている方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、看護師の残業についてお話ししたいと思います。

まず、看護師の残業は労働基準法ではどうなっているのか理解してください。

まず、看護師の残業は労働基準法ではどうなっているのか理解してください。

労働基準法第32条「休憩時間を除いて1日8時間、1週間40時間」と定められています。これを超える時間を「残業」という時間外勤務になります。この時間外労働の時間についても厚生労働大臣により、限度時間数が決められています。このように、1週間→15時間、2週間→27時間、4週間→43時間、1ヵ月→45時間、2ヵ月→81時間、3ヵ月→120時間、1年→360時間、となっています。

看護師の残業する理由は何?

看護師の残業する理由は何?

残業する理由は様々です。

・看護師の個人的な能力による仕事のスピードの違いがあります。新人看護師だけでなく、転職したての方で慣れないころは残業が多くなってしまいます。

・勉強会や委員会が時間外に行われることもあります。勉強や委員会を勤務終了後に行う病院も多いため、残業になるケースもあります。最近では勤務時間内に行うようにしている病院が増えてきてはいますが、急変の対応などに追われ勤務時間内に行うのはなかなか難しい現状にあります。

・患者さんの急変があり残業することがあります。特に急性期病院の残業時間が長いのは、急変対応による残業が多いためです。

・人員不足も関係しています。元から人数が足りていない場合や勤務当日に欠勤者が発生した場合は、一人の業務量が必然的に増えてしまうため残業になってしまうことが多くなります。

看護師の残業時間ってどのくらい?平均は?

看護師の残業時間ってどのくらい?平均は?

上記の残業の理由でもお話しした通り、理由によって残業時間は変わってくると思います。それらを含め平均してお答えします。

小児科の急性期病院では日勤の平均残業時間は約1~3時間、夜勤の平均残業時間は約1~2時間です。慢性期の療養型病院では、日勤の平均残業時間は約30分~1時間、夜勤の平均残業時間は約30分~1時間です。

それと、小児科クリニックや小児科外来の場合も残業はあります。診察終了時間のギリギリに受診する方もいらっしゃいます。終了間際で受診して、処置が発生する場合もあり、その日によりけりですが、平均残業時間は約0~1時間です。

看護師の中で残業が多い科は?

看護師の中で残業が多い科は?

残業の多い科は、大学病院や総合病院の循環器科や産婦人科です。循環器科は、人の身体の最も重要な分野のため急変が起こりやすいため残業が多いです。産婦人科は、自然分娩を行っている病院では特に残業が多いです。出産は予定通りではないためです。

看護師の残業代・時間外手当はいくら?

看護師の残業代・時間外手当はいくら?

週40時間を超える労働時間分の労働は残業となり、この残業に対して特別な計算方法で給与を支払わなければなりません。残業代の計算方法をご存じですか?計算方法は「(基本給+諸手当)÷所定労働時間×1.25×残業時間」という計算です。諸手当には住宅手当や家族手当、通勤手当などは含まれません。

看護師の残業代なし・・・?

看護師の残業代なし・・・?

サービス残業が当たり前!という病院もあります。今でいう“ブラック”ですね。

病院によって残業は管理職に申請する場合と、タイムカードで自動的に残業時間を算出してくれる場合があります。

それと、急変や緊急入院、勉強会や病棟会などの明確な理由がある場合は残業代はつくが、それ以外はサービス残業ということは多いみたいです。

申請の場合は、申請先が看護師長であることが多く、申請しにくい!という場合があります。また、先輩看護師が申請していないのに自分が申請できるわけがない!ということもあります。

新人看護師の残業については、色々な意見があります。「新人だから残業代はダメ」、「半人前だから」などあります。新人教育には時間がかかること、半人前であること、それをわかって雇っているはずなのに、新人だからという理由だけで残業代をもらえないのは残念に感じます。

多忙な病院や病棟が“ホワイト”になる日が待ち遠しいですね。

看護師でも残業なしがある?

看護師でも残業なしがある?

病院によっては残業がとても少ない病院もあります。その理由は、看護師の人数が足りている、それだけです!(笑)看護師の数が足りていると、勤務終了間近に患者さんに呼び止められても、交代の看護師に引き継ぎして帰れます。

海外の看護師は残業がないっていうのは本当?

海外の看護師は残業がないっていうのは本当?

アメリカで看護師という職業は、地位も賃金も日本より高いです。それだけでなく、残業がありません。サービス残業なんてありません。さらに上を目指して勉強することが奨励されています。日本は仕事8:プライベート2になりがちですが、海外のように仕事5:プライベート5くらいになるといいですね。

まとめ

看護師転職サイトに相談してみては?

看護師の仕事は大変です。それでも看護師として働いていきたい!と思っている方は沢山おられるでしょう。

でも、ザービス残業だと報われないし、自分の大切な時間は削られる。ライフワークバランスを大切に働きたいと考えている方で、転職に不安をもっている方、実際にあなたの働き方に合う病院はあります。

そのお手伝いをしてくれるのが、転職サイトです。転職コンサルタントの方は、実際の現場の声をたくさん知っていますので相談してみてください。今より良い職場にきっと出会えると思います。

転職サイトランキングを見る